2017-ル・マン24時間レース観戦記(その5)

無事にパリに到着し、モンパルナス駅でコインロッカーの位置を確認後に喫茶店で朝食を取りました。
と言うわけでいよいよパリ観光スタートです。

[6/15]

8:30-食事を終えてエッフェル塔に向かって移動開始。思ったより気温が高いですね。取り敢えず持ってきた水で水分補給しながら移動します。
街並みはテレビで見たことのあるヨーロッパの街並み、です。絵になるのは確かですね。
異国に来た感が非常にあり、その点でも散歩してるのは楽しめました。
最初は「パリになんて興味ないんだよなぁ」って思ってたけど、実際歩くと意外と楽しいですね。

モンパルナスの駅前にはこんなビルも。モンパルナスタワーと言うそうです。そう言えばパリもオリンピックやるんですよね。
てか、このオリンピックのマーク、かっこいいですよね。24年とエッフェル塔のデザインが上手く融合されてて。東京のは、、、ダサいっすね(汗

歩いていると、こんなお寿司屋さんというか日本料理屋を見つけました。値段高いし微妙に美味しそうに見えない(汗

こう言う何気ない風景も絵になりますね。

これ、造幣局らしいです。なんかお洒落。

おっと。これはユネスコ本部。こんな所にあったとは(汗

そしてエッフェル塔が見えてきました!テレビで見たことがある!!(笑

9:30-エッフェル塔到着-エッフェル塔のある敷地に入る入り口でのセキュリティーチェックには驚きました。やはりテロの影響なのか、厳重ですね。

10:00-チケット列に並ぶ。なんか塔に向かって右と左にチケットの販売所らしい場所があるんですけど、右側の方が進みが早い気がしたなぁ。左に並んじゃったので少し後悔?まー仕方ないです。

10:30-チケット購入後塔内へ。

またセキュリティーチェック。これ、何かするたび毎回あるの?鞄のファスナー開けて見せるの、ちょっと面倒です。

10:40-エレベータで第二展望台を経由して頂上の展望台へ。

まずは地上階から第二展望台に移動するエレベータがあるのですが、それは塔の末広がった部分を斜めに登る構造なんですよね。で、途中で一旦止まって角度が変わって登るんです。第二展望台から頂上へのエレベータの並び時間は10分程度かな。割とスムーズに頂上へ。頂上行きのエレベータは塔の中央を登る東京タワー式です。
登ってみて知ったのですが、フェンスはあるものの、基本「屋外」です。吹きっ晒しです。怖いです。。。

ざっと外周写真

奥にはモンマルトルの丘

記念のプレート

と言う訳で、とりあえず周囲の写真を撮って20分程度で降りてきました(汗

11:00-第二展望台に降りてくる。ここもちょっとだけ見学。さっきまでが高かったので大分気が楽ですがやはり高いものは高い(汗

11:20-地上に戻り、凱旋門に向けて移動開始。

11:30-水がなくなったので水分補給に、と小型のスーパーマーケットに入店して水を買ったのですが、1Lクラスのもので2.5ユーロしました。しかも10ユーロ札を出したら受け取ってもらえず拒否された。。。えっ。。。
お札出して拒否ってどういうことやねん!

なんか、フランスって両替っぽい換金を嫌がる傾向があるみたいですね。別に両替するつもりではなく、ほんとに持ってるお金が10ユーロ札と50ユーロ札しかないんでどうにもならないわけですが、仕方なくカード決済にしました。(役にたったマネパカード)
後から知ったのですが、偽札の可能性があるので商品に対して高額になる紙幣は受け取らない店があるらしいです。
まじですか。ホントにこの国、大丈夫っすか?

その後もお散歩しつつ凱旋門へ

散歩してて気付いたのですが、パリの人、車を駐車するのに、何かと戦ってるんだろうか?ってぐらいギリギリを責めてるんですよ。
高級車かどうかも関係なく、ホントにギリギリ。意味が分からない?じゃあ写真見てくださいよ。ホントに責めてるから。

ね?(笑)
なんかの恨みでもあるんでしょうか?ってぐらいギリギリを責めてる。と言うかこれ、前後こんな感じなんですよ。出られるの???って。

あと、全然関係ないけどC3コルベットスティングレイ。かっこいい。

12:00-凱旋門到着。

大きな門ですね。テレビで見たことある。

門の周囲はデカいラウンドアバウトで横断は出来ません。なので地下道で門の近くまで。

門の中に入れるようでしたが、門の中には入りませんでした。

12:20-シャンゼリゼ通りを移動。

これが有名なシャンゼリゼ通りですか!まさに目抜き通りと言った感じで、立派な通りですね。観光気分満点ですが、多分現地の人からすると日本の銀座辺りなんでしょうね。

そう言えば何故か高級スポーツカーが並んでる場所とかもありました。ミーティングでもしてるの??

12:30-ランデヴートヨタへ。

LeMansの関連展示があるのかと思ったら割となにもありませんでした(汗)普通のトヨタのショールーム?

その後もシャンゼリゼ通りを突き進み。

13:00-コンコルド広場到着。

暑い。気温23~24度って思って長袖で来たけど、これ半袖でいい温度。多分27~28度あるんじゃないか?

13:20-ルーヴル美術館の脇からセーヌ川を渡って、モンパルナス駅へ行くバスを探す。

ここに来てまたスポーツカー集団。
これ、ようやく何だか分かりました。レンタカーだったんですね。かっこいいオープンカーでパリの街を走ろう!みたいな感じ?
89ユーロで借りられるみたいですが、時間は不明(汗

セーヌ川を渡りましょう

途中、鍵がいっぱいぶら下がってる場所。何処でも似たようなことやるんですね(笑>日本にもありますよね。まぁ発祥はどっちかというとフランスとかなのかもしれませんね。

13:40-バス停発見。一通の通りの奥の通りにありました。結構探しました(汗
割とすぐにバスは到着しまして、運転手さんにモンパルナス駅に行くか確認すると、行く、との事だったので乗車。お金を払うとチケットが渡されるので、それでOKかと思ったら、バスの中にチェック機がありまして、そこにチケットを挿入するとチェックされる仕組みでした。近くのおばあちゃんがチケット挿入の事を教えてくれました。フランス語だったので意味はさっぱりでしたが、指さし先に機械があったのと、他のお客さんが機械にチケットを通してるのを見て理解できました。

チケットは2ユーロだったかしら。(後から知ったのですが事前に券売機で買うともうちょっと安いみたいです)
このチケットは最初にチェックしてから1.5時間はどの区間でも乗り放題らしいです。

14:10-モンパルナス駅到着。これで一周。昼飯どうしましょう?という話になりました。いくつか案はあったのですが、正直、歩き疲れていたということや、シャワー浴びたいということ、それと、そもそも時差により眠気もあったので、スーパーでお昼を買って宿で食べることに。
スーパーではサンドイッチ類は豊富でしたが、ビール類は少なくとも冷えているものはなさそう。ワインはあるけど、これも殆どのものが棚に常温で陳列。昼間だしアルコールはいいや、ということで普通にノンアルコールにしましたが、食糧については、友達はサンドイッチ買ってました。
私は悩んだ末、バゲット。そう、オーソドックスなフランスパンです。
それに、クリームチーズ。割り箸は持ってきてるのでこれで塗って食べよう、と。
飲み物も何本か買いまして、相変わらず食品代は高いけど、まぁそれでもレストランで食べるよりは安くなりました。

ホテルでシャワー浴びて、パンを食べてみたのですが、これが美味い。
最初に書いたように、フランスのパンは言う程美味しくない、と噂で聞いていたので期待してなかったし、どんだけマズイかレポートしてやろう、ぐらいの気持ちで食べたんですが普通に美味かった。
もちろん、日本の同様のフランスパンと比較して飛び抜けて美味いか?って言われるとそんなことはなく、ぶっちゃけ近所の神戸屋の焼きたてフランスパンも同様に美味いですからレベル的にはそんな感じ。
でも、期待値が低かったからそれからすれば相当に好評価です。
さらに言えばチーズ。適当に買ったクリームチーズですが少しガーリックが入っててこれがバカウマ。これが美味いおかげでパンが数段うまく感じました。
さすがにバタール1本丸々食べるのはキツかったので半分だけ食べて残したのですが、安く上げた割に満足度は高かったです。

で、しばし仮眠・・・・のつもりが、次に起きたら20時回ってました(汗

20:00-あわてて友達と外食へ。20時回っててこの明るさはさすがです。
明るいけど時間的には遠出は出来る時間帯ではないのでモンパルナス駅近くのレストラン兼barへ。

サラダのプレートと肉のプレート、そしてビール。まずは初日の夜に乾杯!ワインも頼みまして総額で一人30ユーロぐらいだったかしら。

お肉は焼き加減も味もよく、思ったよりも満足度高かったですね。カレー風味のソースも、カレーが主張しすぎない感じが、ちょっとフランスっぽいなと思いました。
ちなみに、片言の英語ですが何とか意思疎通できまして無事希望のものをオーダーできました(汗
デザートも頼みましたよ!

22:00-ホテルに戻りまして、翌日に備えて就寝です。

ようやく日が暮れてきて、こんな夕焼け!パリっぽい!!(パリですってば

ホテルに戻る道もお店は賑わってました。

と言う訳で、この日のレポートはおしまい。続きは次回です。

コメントを入力

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください