大洗ガルパン三昧と特上爆音上映の巻(その2)

さて、大洗ツアーの続き。特上爆音上映会モードです。
ガルパンうぉーくを無事に1ルートミッションコンプリート出来たのですが、ここでもう一つ計画している事がありました。

自転車は10時から16時半まで借りられるシステムだった訳ですが、私は15時半に返却の予定でした。
フルに借りるとあと1時間は借りられる訳ですが、15時半には返す予定だったのには理由があります。

そして、今回ガルパンうぉーくが想定より早くミッションコンプリート出来たので、想定より1時間ほど早く自転車を返却できました。

早く自転車を返す理由。それは帰りの食事です。

帰りは21:53水戸発の特急ときわ号。ガルパン劇場版の上映が終わって、恐らくは大洗21:20発の電車に乗って移動する事になり、水戸駅での接続は確か17分。
最終の特急ですが、この段階で水戸駅の駅弁が残っているか?って考えると、その可能性は結構低い気がしていました。

過去に色々観光地に出かける訳ですが、おおよそ20時を越えると駅弁は品切れモードになり、仮にあっても、好きな物が選べる状態になっていない(余った物を買うしかない)事が多かった。
水戸でもその可能性はあるな、と思っていました。

なので、一旦水戸に戻り、30分ぐらいで帰りの食事を用意して、再び大洗に舞い戻れば、帰りの食べ物に困る事も無いだろう、と。

大洗の弁当屋さんとか全く知らないし、仮にあっても21時にやってるとは思えない。
そんな理由から、元々一旦水戸に戻るつもりだったんです。

そして、今回、往路に水戸での清算をする時間が無くて、まだ終わってない状態もありましたので、益々水戸に出る理由が出来ました(まぁこれはホントに帰りにやってもいい訳ですが、時間に余裕はあたっ方がいいでしょうから)。

と言う訳で、予定より30分程早めですが、15:30過ぎの電車で水戸に戻りまして夕飯を調達です。

大洗駅にやって来た電車はガルパンラッピングの電車でした。

あと、すれ違った電車もガルパンラッピングでした!

水戸では駅をうろうろしつつ夕飯を物色しました。

駅弁でも良かったのですが、時間があったので駅ビルの1階にある惣菜とか弁当とか売ってる店をうろうろ。

最終的に和幸のロースとんかつ弁当と、焼き鳥屋さんの焼き鳥を5串程入手しました。
とんかつ弁当は、伺ったところ「通常は日持ちは4時間」と言われました。
弁当を買ったのは16時過ぎ。特急は21時53分。およそ6時間先になります。
困った。と言う事で店員さんに、6時間は厳しい?って聞いたところ、実は別のパッケージがあって、そのパッケージなら4時間以上持ちますよ、と言われ、そちらを購入しました。(値段は同じです)

このパッケージ。とんかつがアルミホイルにくるまってまして、キャベツは別のビニール袋に外出しでついてました。
食べる時に自分でキャベツをビニールから出して盛り付ける感じです。

日持ちしない最大の理由がこのキャベツらしく、ごはんとカツの熱でキャベツが痛むのだそうです。なので外出し。保管時には熱源から離しておけば、夜までもつ、と。

食べ物は全て駅のロッカーに入れました。この時もちろんご飯とカツとキャベツは離しておきました。
またロッカーは金属ですから、放熱してくれるって意味で、扉近くに暑い物。奥の方にキャベツを配置して、扉側で放熱させるようにもしておきました(効果があったかどうかは不明)。

まぁそんな訳で安心して大洗に舞い戻り、駅から文化センターまで徒歩です。
で、気付いたんです。私。自転車返してるじゃないですか?で、後は徒歩と電車なんです。つまり「の・め・る・!!」と。

昼は12時ぐらいに食べてますが、映画が終わるのは20時は過ぎるはずですので、流石にちょっとお腹減るんじゃない?って。
なので文化センターまでの移動中、セブンイレブンに寄り道して、ヱビスビールの#126と言う銘柄と、鶏唐揚げ串を!

いやービールにピリ辛唐揚げ串は抜群です。この#126と言うヱビスはセブン&アイグループ限定らしいですね。ヱビスらしいすっきり飲める美味しいビールでした。

のんびり歩いて25分ぐらいですかね。文化センターに辿り着くと、観覧する人と、まさに15時の会を見てきた人達でごった返していました。
そして広場には「ボコ」のぬいぐるみが!

一応美少女着ぐるみブログサイトですから、美少女とは違いますが、ぬいぐるみ(着ぐるみ)は押さえておこう、と言う事で激写しておきました。

入場列に並んで、程なくすると入場開始となりまして、私の席は前側ブロックの最後列。遠すぎず近すぎず、と言う感じですね。

映画館のシートより椅子が小さめなので隣の人との間隔が近い、と言うのと、たまたま隣の人が比較的体の大きい人だったので、若干窮屈(失礼)だったのと、前の席左手の人が座高高めだったのでスクリーンの下側の一部が若干頭で見えない感じはありましたが、まー映画自体は何度も見てるので映像は補完出来るからいいか、と。

それより、音響設備に近めの、前側ブロック、だったのでどんな音がするのかワクワクしてました。

開演までの待ち時間にボコも訪ねて来てました(汗

そしていよいよ開演!

最初はスタッフトークショーなのですが、肝心の岩波さんがいない(汗
   

あれ???と思っていたところ、岩波さんも登場のパターンを変えたい、との事で、まるでヒーローショーの様に、最後尾からスポットライトに照らされて登場しました(笑

あと、最初の段階で注意事項として、トークショーの動画はNGだけどスチルは好きに撮っていいよ、と言うのと、トークのネタバレは30日の17日まではつぶやいたりしないでね、と。特に演出の部分とかは、30日に見る人にも新鮮な気持ちで見て欲しいから内緒にしてて、と。
と言う訳で、当日は大雑把な感想しか言えなかった訳ですが、トークショー、笑いましたねー。

まず音響設備。左右とセンターにあるラインスピーカーはなんとライトアップされていました。
こちらはスクリーン裏に配置されたセンターラインスピーカー。スクリーンの後ろなのにライトアップされてた(汗

スピーカーをライトアップするなんて前代未聞らしいです(そりゃそうだ)。
もちろん左右後方のスピーカーも凄いのが用意されてまして、これに加えて爆音に大事なウーファーの話。

これ、立川の爆音上映の時には2機でスタートして、途中で3機に増設された物だそうです。
川崎のチネチッタが頑張って4機に増やして、相当凄い爆音上映をやってる。と。
が、今回このウーファーを「8機持ち込んだ」と言う話に一同爆笑でした。

お前らこれ見たかったんだろ??って岩波さんが自慢げに。そりゃウケますよね(笑

5000人規模の音響設備を720人の劇場で鳴らすらしいです(笑
音響のセッティングにはスタッフの中に何人か「ガルパンお兄さん」がいたらしく、岩波さんが「ここのシーンこうしたいんだけど」みたいな説明を全部聞かない状態で全て把握してくれたそうで「あぁあのシーンですね」「このシーンですか」とサクサクセッティングで来たそうです(笑)恐るべしガルパンお兄さん。

その他、最初と最後のスタッフロールに岩波さんの名前が出たら「拍手したきゃしてもいいんだからな?」と言う指令(笑)と、応援上映じゃないけど、ボコのシーンは応援していいから、との指令も(笑)

他にも演出が隠されてるらしいので、楽しみにしつつイザ『ガールズ&パンツァー 劇場版』大洗凱旋特上爆音上映スタートです。

ストーリーは何度も見てるので熟知してますから、改めての発見は特に無いのですが、家で何度もブルーレイを見返しているぐらいなので、何度見てもいい映画です。
そして、「特上」と名のつく爆音上映は凄かった。
もちろん戦車の発砲音も想像通り凄まじかったのですが、なにより戦車が走ってる時などの地鳴りのような音が、ホントに空気を振動させてる感じで伝わってて迫力満点でした。
これ、以前何処かで体感したことあるなぁと思ったのですが、これ、JAXAです。
筑波宇宙センターの一般開放の日に、ロケット打ち上げの音響体験を出来る部屋があるんですが、そこで聞いた打ち上げの爆音です。あれですあれ。

本来、人工衛星の打ち上げ前の音響試験(音の振動で壊れないようにテストする)で使われる施設なので、その爆音は相当な物なのですが、それに匹敵する、つまりロケットの打ち上げ音響試験で使えるほどの爆音て言う事ですよね。

そしてこんなに凄い音だと聞いてみたいじゃないですか?「あの着弾」の瞬間。

いやはや、実際そのシーンが来ると「来るぞ来るぞ」って分かっててそう言う意味では覚悟は出来てる訳ですが、実際「音も凄かった」。
音も。

も?

ええ。ここで岩波さんが言ってた演出です。着弾のタイミングで、轟音と共にステージにスモークが噴出したんですよ。バシュッ!!!って感じで。
映画なのに実際のスモークって、凄い(笑
この迫力もあって、実際見た時「おおぉぉ」って思いました。
こんなの確かに普通の映画館じゃ無理!
あと、ガルパンお兄さんのセッティングのおかげか、ホールであるにも関わらず、ちゃんと機械の迫力の音とセリフとBGMが綺麗に調和してて、見てて聞き取り辛いシーンは一度も無かったです。

確かにホールは映画館とは違うので、音響面で映画館と全く同じ条件にはしにくい訳ですが、その割に全く違和感を感じませんでしたから。レポート記事によっては残響音が、みたいな事も出てるんですが、個人的にはこんなのは許容範囲だったので全然気になりませんでした。
むしろその8機のウーファーとラインスピーカーとリアスピーカーの調和で、非常に迫力ある音響になっていました。

特にやはりウーファー凄いっす。
観覧車先輩が転がるシーンの音とか、あんなん近づいて来たらそりゃ逃げるわ!!ってぐらいの迫力ですし。

あ、そうそう。ボコのシーンの「頑張れ―、ボコーーー!」は中々楽しめました(笑
あと岩波さんの名前が出た時はしっかり拍手しておきました(笑

と言う訳で素晴らしい上映を終えまして、スマホの電源を入れた所、時間は20:20過ぎぐらい。やはり29分の電車には乗れませんでしたね。
まぁ21:20に乗れればいいので、むしろ余裕過ぎるぐらい時間がありますね。

帰り際、階段の所でボコがお見送り(笑

で、今更なんですけど、実はこの日、予報では16時ぐらいから雨が降ると言われていたんです。
結果的に上映前は全く降らなかったので、天気予報外れたなー、なんて思ってたんですけど、実は上映中に土砂降りだったらしく、映画終わったタイミンクでは雨はすっかり上がっていた模様。

外はヒンヤリしてて路面も濡れてましたけど、結局傘は一度も使わず(折り畳みを持って来ていた)に帰ることが出来ました。

時間が余裕なのでコンビニに立ち寄ってトイレを駆りつつ水を調達。
そのまま駅に移動して、次の電車まで30分ぐらい(汗)電車を待っていました。
10分前にホームに上がると、、、、凄い人(汗
これ、乗り切れるの??ってぐらい人が多くてびっくりしました。

結果的には大洗始発の2両編成でして、そこそこ混んでましたけど無事に乗り切り、一路水戸へ。

既に朝の清算も済ませてますし、夕飯も買ってあるので、あとはNewDaysでビールを調達して特急に乗り込みます。

 

しかし、鹿島臨海鉄道の水戸まではあれだけ人が多かったのに、特急はガラガラでした。
上野に向かう最終の特急との事でしたからもっと混んでると思ったのに、私の乗ってる車両で15人は居なかったと思います。

大洗帰りにとんかつと言うとCookFanなんですが、今回は弁当と言う事もあって和幸で我慢。
とは言え和幸の弁当、一応上ロースにしたのもあって冷えても美味しく頂けました。
あと、串も美味かった。ボンジリ最高~

 

ツイッターしながらのんびり食べてたら、割と寝る間もなく上野に着いてしまいまして(汗)その後の乗り継ぎで無事に仮眠を取り、1時は回らないうちに無事帰宅。

コメントを入力

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください