釧路までマイカーを取りに行こう大作戦(2014年9月20日編)

最終日。
いよいよ、釧路までマイカーを取りに行こう大作戦の終了日です。
この日の終わりには、家の駐車場にマイカーが戻ってくる算段です(笑

帰りはどこに寄るかなぁと言う感じでした。
そのまま帰るのも別にいいんですけど、せっかくだからちょっと観光しながら帰ろうと思っていたわけです。
いくつか候補はあったのですが、最終的に、お昼を海で食べて、夕飯は喜多方ラーメンにしよう、となりました。

img_20140920_001

と言うわけで、さすが東横インと言うほんとにおまけ程度の朝食をいただきまして(朝食が無料サービス、と考えたらまー許せる内容ですが、宿代に朝食代が含まれている、と考えるなら、こんな朝食不要だから安くしてって言いたくなる感じ)、9:30ぐらいに移動開始。

一応方角的に家をめざしつつ、海側へ、と言うことで、気仙沼、石巻、塩釜辺りが候補になりました。
気仙沼は下方向ではなくほぼ真横に移動と言うことで、まず候補から消え、石巻、塩釜で迷った挙句、昔塩釜には一泊してお魚を食べたことがあるんで、石巻に行くことに。

一関からだと車で2時間ぐらいなので、11:30頃に石巻に到着。
昼ごはんにはちょっと早いなと言うのと、石巻の中心部に向かう途中に案内板で「石ノ森漫画館」と言うのがあるのを知り、まずはここに寄り道しましょうか、というわけでちょいと寄り道。

img_20140920_002 img_20140920_003 img_20140920_004

どうやらここも震災時には酷く津波でやられた場所だったようですが、今ではすっかり綺麗になっていました。
とはいえ、この漫画館に向かう途中の道路のいたるところで、たぶん津波によって破壊された跡なんだろうなぁ、と言う人工物がありまして、3年半経過しててもまだこういう感じなんだ、と言うのと同時に、それでも見た感じ相当整備されていて、よくぞここまで戻ったな、と言う感情とが私の中で同居してました。

石ノ森漫画館では、009の企画展やってました。

等身大の人形なんかもあって、003の着ぐるみに入りたい、とか思ったりもしたのですか、それ以上に007の変身能力が欲しいですね。
なんにでも化けられるということは女の子に化けてプリキュアショーの中の人になれるって事ですから(女の子に化けることそのものにはそんなに興味がないので)。

あと、仮面ライダーの歴代のマスクが置かれてました。
視界とかいろいろ見ちゃいました。

残念ながら撮影禁止だったので画像はほとんど残っていませんが、企画展の一部に撮影可能なのがあったのでそれだけ掲載します。

img_20140920_005

img_20140920_008a img_20140920_007 img_20140920_006

途中、12:00から野外でからくり時計が動くとのことで、それを見たりして、結局12:45頃に離脱。
事前に調べておいたお寿司屋屋さんについたのは13:00頃ですかね。

img_20140920_009a img_20140920_010

img_20140920_014 img_20140920_012 img_20140920_011

img_20140920_016 img_20140920_013 img_20140920_015

お寿司屋さんは久しぶりですが(北海道に行ったのに一度も寿司は食べなかった)、カウンターに案内されて、せっかくだからと特上の握りを。
さすがに美味いです。握りが7カン、巻物3つ、澄まし汁と香の物がついて2700円。安くはないけどクオリティー考えたら満足の金額です。
さらに、大将に、今日食べなかった他のおすすめはありますか?と聞いたところ、サンマとサワラとブリがおすすめとの事。

私はサンマとサワラを1カンずつお願いしました。
食べてみると、サワラも美味いのですが、特にサンマが美味い!これは美味いなぁと、言うことで大将と会話してる中、実は私は北海道から帰る途中で、釧路でとてもおいしいサンマを食べたんだけど、このサンマはそれに負けず劣らず凄く美味しいサンマだ、と伝えたところ、大将から意外な答えが返ってきました。

実はこのサンマ、漁場は同じ釧路沖なのだそうです。
つまり、産地としては同じもの。そりゃー美味いはずです。そして私は自分の舌が正しかったんだと知りちょっと嬉しかったりもしました(笑

釧路に上がったものを空輸や陸送してる訳ではなく、釧路で漁をした船がそのまま石巻に来てるのだそうで、一度水揚げしたものを運ぶのと、船で獲った魚をそのまま運ぶのでは、後者のほうが断然鮮度がいいのだそうです。だから釧路で食べたものとほとんど変わらない新鮮なものが食べられた訳です。

しかし、漁船で太平洋を釧路沖から石巻まで・・・大変だなぁ(汗

と言うわけでウーロン茶代も含めて3700円だったか3800円だったか。価格的には安くはないランチですが内容考えたら納得。

img_20140920_017

そう言えばお店の斜め向かいにこんなポスター。うちの娘に着せたいですねー。

こうして石巻を離脱しまして、次に目指すは猪苗代湖。
実は福島は私にとって未踏の地。通過したことは何度もあるのですが、福島に足をつけた経験がないのです。
なので、今回、猪苗代湖を見て、喜多方ラーメンを食べて帰ろう、と。

img_20140920_019

途中、サーキットで有名?な菅生で休憩しつつ。

img_20140920_020

磐梯山なんかも。

なんだかんだで猪苗代湖に着いたのは日没のちょっと手前でした。夕日に沈む猪苗代を見えるかと思ったのですが、パーキングあがある位置からだと、猪苗代湖とは違う方向に日が沈むんですね(汗

img_20140920_024 img_20140920_021

img_20140920_022 img_20140920_023

残念。

ですがまぁ綺麗な湖を眺めたので、続いて喜多方市をめざします。

img_20140920_025

途中で日が落ち始めて色が綺麗ですね。
最初は「食堂なまえ」と言う変わった名前の店を目指したのですが、到着したところお客は入ってるのに閉店と出てました。
つまり、スープがなくなったから閉店、と言うやつみたいです。
うーむ、惜しい。けどまぁ仕方ないので次の店に。今度は喜多方駅前に近い「桜井食堂」さん。

img_20140920_026 img_20140920_027 img_20140920_028

こちらは無事にやってまして、さっそく喜多方ラーメン「しなそば」をいただきました。
すっきりスープの美味しいラーメンで、とても美味しくいただけました。

そういえば北海道で一度もラーメン食べてないのですが、実は個人的にはラーメンは東京で食べるのが一番だと思ってるんですよね。
人口も多いし、激戦ですので、結果的に味が洗練されて個性的な店が沢山ありますから。
わざわざ北海道まで行ってラーメン食べなくてもいいか、と。

それを言うと喜多方とて同様な訳ですが、まー帰りの最後の食事に、ビールも飲めないし、ラーメンすすって帰りましょうか、と言う感じでした。今夜どこか近くに泊まる前提ならラーメンと言う選択はなかったかもですが。

喜多方を離脱したのは19時前。最後のガスを補給し、あとは高速道路を南下して、東京を抜け、我が神奈川にゴーです。
結果的に23:40頃に無事に帰宅しました。
途中、だんだん首都圏ナンバーが増えてきて車の数も増えてきて、埼玉を抜け都内に入り、スカイツリー脇から銀座を抜け、レインボーブリッジを渡って湾岸線に出る時に思ったのは、でもやっぱり東京ってすごいな、って。

北海道で雄大な大自然を堪能し、自然て凄いなぁって思っていた訳ですが、だからこそ、この圧倒的な人工物の産み出す煌びやかな都市の夜景を見て(23時近くになってもまだ煌々と灯りが街を照らしてる訳ですから。斜里や稚内だと19時にもなれば相当暗くなっていたのに)、これは自然では絶対に作れない人間の英知と営みの集まりなんだなぁ、って思ったら、それはそれで自然と対極の凄さを実感してしまった感じです。
なにしろ夜景が綺麗でかっこいい。
普段なら慣れちゃっててなんとも思わなくなってた訳ですが、こんな街をマイカーで走り抜ける快感は、自然をみっちりたっぷり詰め込んだ後の脳みそで見ると、とても新鮮に感じる訳です。

いやほんと。知床もオロロンラインも確かにすげー圧倒される(これ、死ぬまでに一度は見たほうがいいって、本当に凄いから)けど、東京の夜景も相当なもんだよ。って。(ま、私は東京人じゃなく神奈川人だけどね)

と言うわけで、これにて「釧路までマイカーを取りに行こう大作戦」は無事終了となります。
長文お付き合いいただきましてありがとうございました。

あー楽しい夏休みだったな。今度はいつ長期休暇とれるだろう・・・・(汗(そして割と早く、2年後に東北ドライブを実行したのですけどね(汗

あと、無事に釧路から完走してくれたマイカーを洗車してあげたいな。

[移動ルート] map7

コメントを入力

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください