うどん・たまゆら・戦艦大和-(その2)

続いて6月7日。

この日は朝から電車で移動開始。目指したのは「たけはら」でした。

こちらはアニメ「たまゆら」の聖地として有名な場所です。
また、ニッカウヰスキーの竹鶴酒造の発祥の地でもありますね。
と言う事で観光してました。

ちなみに横からみた屋根の形状がかまぼこ形のように丸くなってるのはこの辺りの屋根の特徴で、平らな三角屋根より複雑な構造なのだそうです。

さらに、たまゆら、の中に出てくるお好み焼き屋のモデルになったお店がありまして、そこで「ほぼろ焼き」を頂いてみました。

一通り竹原を見て、続いて移動したのは呉。
今では「この世界の片隅に」の聖地なのですが、当時はまだそう言う事は知らずに、単に大和ミュージアムを訪れたかったから寄り道しました。

また、ミュージアムから道路挟んで対面に、自衛隊の「てつのくじら館」があって、そこも見学しました。
てつのくじら館は、最近まで使われていた本物の潜水艦がそのまま展示されてて中が見えるんですよ!
潜水艦の中なんて入れる機会は滅多に無いですから、凄く貴重と言えます。

ガラス越しに下の階も見えました。

まだ少し時間が合ったので大和ミュージアムの隣にある公園に。
こちら、公園の広場が大和のデッキのサイズを再現してるんですね。
正面に向かって先細ってるのは、つまり船の先頭に向かってるんです。で、右側の床に半円の模様があるのが、これが砲塔の位置。つまりこの広場は大和の先頭の左半分のスケールをそのまま再現してるんです。大和の大きさがよく分かる広さと言えました。

一通り見物した後は、呉駅から広島を目指し移動です。

広島到着直前には、広島球場から道路沿いに、赤い帽子被ったカープファンがずらずら駅の方に歩いてるのが見えました。
ちょうど試合が終わった所だったみたいですね。

広島駅ではそのカープファンが大量にいて凄く混んでました(汗
新幹線ホームにもいるって事は、つまり新幹線で応援に来てた人が結構いるって事ですね。凄いなぁ

と言う訳で、帰りの新幹線はグリーンポイントを使ってグリーン車です。
お弁当とビールと竹鶴のハイボール。

アルコールもほどよく入って東海道新幹線エリアの大半を寝てました(汗
こうして無事に帰宅。いやー、食べた食べた。うどんもタコも美味しかったし、竹原も呉もいい所でした。また遊びに来たいですね。

コメントを入力

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください