2011-F1日本GP観戦記(10/9)

この記事は、2011年10月に書かれた記事をベースに、2017年2月に、修正、追記した物です。そのつもりでご覧ください。


朝は8時50分起床。

去年は台風の影響で朝っぱらから予選だったので忙しかったけど、今年はのんびり朝食です。

朝食は安宿に付属だけあって、まぁこんな物だけど、食べられるだけ有り難いかも。
味も別に不味いってもんでも無いし。

でもって出発。

名古屋でロッカー探してウロウロ。何とかみつけて、近鉄へゴー

何故かバス待ち列ががらがら。正直こんなに空いてる鈴鹿行きバス列は初体験。

でもってサーキットまで徒歩。途中 R8 を見かけた。昨日のフェラーリもいたけどね。

で、今日見た着ぐるみさん(笑

トンネル抜けてD席に。

席に着いたらF1レジェンド。ロータスジャッド101T。中嶋~~~!!って叫んでました。

ジャドのV10もいい音でした。排気量が大きいから音が重いと言うか、腹に響く感じがいいですね。
その後、コースマーシャルの人が集まってきて、スタンドに向けてじゃんけん大会。

可夢偉のサイン入りプログラムをプレゼントしてました。イキな事しますね。
そして、その可夢偉のドライバーズパレードランでのワンシーン。頑張れ~

パレードランの後半には、みんなで上を向いて歩こうを大合唱。

なかなか感動的シーンでしたな。
こうしてレーススタート!!

無事にフィニッシュすると(結果はモータースポーツサイトとかにお任せします(汗))、ウイニングラップしてるマシンが全部目の前を通過したら離席して、急いで帰路に。

でもってバスへ。待ちはほぼ0です。

白子からはいつものように近鉄で名古屋へ

名古屋でお食事です。

そして弾丸列車で帰ります!

所で、帰りもスムーズだったなぁって思いました。
昨年も気になったのですが、やはり観客が減ってるんじゃないかな?と。

人が減ればスムーズになりますからね。

もし実際に減ってるとしたら、これは問題です。
日本人の活躍は不可欠として、やはり日本の車が走っていないのはちょっと残念ではあります。
それと、なにしろチケットが高額と言うのも問題かもしれません。
今回私が買ったチケットが37000円。
これでも昨年より1万円以上安いんですね。
グランドスタンドとかで見ると、もっと高い。
こうなると、ほんとに好きな人意外、気軽に「F1見に行く」と言う発想にはならない気がする訳です。
昔は1万円ちょっとで買える自由席がありましたが、今はすべて指定席。最低でも倍ぐらいは出さないと見られません。
そこそこの席で見たいと思うと、3万円を超える金額が必要なんですね。
確かに国内レースよりも世界選手権はチケットが高額ではありますが、その中でもF1は群を抜いて高額。

これじゃチケット余って当然だと思ったりします。

この辺り、何とかならないものかなぁ。1万円ぐらいなら、当日ふらっと見に来る人だっている気がするけど、さすがにこの金額じゃ、気軽に見に来るのは難しいですからねぇ。

まー、私は状況が許せばまた来ますけどね。無くなったら困る人は、自ら足を運ばないと、いざ無くなって悲しんでも遅いんで。
ブルートレインが廃止に決まると慌てて乗る感じの悲しい結末にはなりたくないんで、自分で出来る些細な努力ですが、払えるお金は払って、現地で見るのです。

コメントを入力

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください