F1日本GP観戦記(2008年10月12日-予選日)

この記事は2008年10月12日~13日に、F1日本GPを観戦して来たのでその記録です。
この年のF1は、富士スピードウェイでの開催で、近くは無いけど自宅から車で通う事が可能なサーキットでしたので、鈴鹿のような旅行記ではなく、土日自宅から通っての観戦でした。

記事を書いたのは2008年当時ですので、その頃の記事をベースに加筆修正しております。


と言う訳で、F1観戦記を書いてみました。

昨年はチケット買えずに行けずじまいだったのですが、後から運営のグダグダっぷりを聞きテレビ観戦で正解だったかも、と思っていたりもしました。

が、今年はそれを改善して来ると言う話でしたし、トヨタが(って言うか富士スピードウェイがなんだけど)改善するって言うんだから、いくらかマシになってるでしょ?と言う考えもあってチケットを買ってみました。

元々、昨年より2割ぐらい席を減らして観客数を絞ると言う事だったのですが、昨年のグダグダの評判から今年は来ないって人もいるでしょうし、チケットが取りにくくなっているのか、取りやすくなっているのか、全く不明なまま応募してみます。

富士でのF1は、全てチケット&ライドと言う方式。

つまり、指定された場所までは電車か車で行って、そこからバスで入場してくださいね、と言うシステムです。
この往復バスとのセットでしかチケットは売りません、と言うルール。

バスの発着場所は色々あって、ツアーバスの場合は愛知や関東の主要な都市からも出ていますが、一般的なルートでは、東海道線沿線、御殿場線、富士急行辺りの鉄道の駅からの発着や、富士スピードウェイ周辺(概ね半径50キロ圏)に確保した指定駐車場まではマイカーで行き、そこからの発着、と言うパターンのようです。

私の場合、電車で行ってもいいのですが、帰りの事を考えて車で行って駐車場からバスと言うルートを選択しました。
帰りの事ってのは、つまり、昨年のグダグダの象徴となっていた、帰りのバス待ち最大6時間で、終電に間に合わなかった人がいたらしい、と言う話を聞き、それに対応するためです。
改善されているだろう、とは思っていましたが、最悪の場合、帰りのバス待ちが6時間かかって終電車に間に合わない可能性、を考慮すると、終電車を気にしなくていいマイカーの方が気が楽、と言うのが理由です。

指定駐車場の候補はいくつかありましたが、うちから一番近い小山町(富士スピードウェイからも一番近い)を第一候補に、須走方面の駐車場まで3つを選択。
観戦ポイントは、富士で指定で見るならここしかないと思ってる1コーナー侵入(ストレートエンド)です。ただ、常設のスタンドでは無く、去年払い戻し問題になった仮設のスタンド。こっちの方が眺めがいいはずですし、写真も撮りたかったので、金網(富士は金網地獄と言われるぐらい厳重に金網が張り巡らされてますので、常設スタンドからだと絶対金網が入ってしまうのです)より目線が高くなると言う理由です。

もちろんスタンド自体、改善されてコースがちゃんと見えるようになっていると言う前提です。他にもヘアピンやストレートで希望を出しました。

が、結局駐車場も席も、全て第一希望が通ってしまいました。
やっぱり応募が少ないのですかね。去年は2度目の応募(残り物セール)すら外れたのに。

と言うわけで、無事に駐車場とチケットも確保し、いよいよ観戦日が近づきます。
その間も、いろんな情報から、富士の改善の方法について、分かってきました。
少なくとも私の観戦する仮設スタンドは、しっかりと事前にチェックしているようですし、バスも留め置き方式になるとの事。他にも20億規模で改修した施設等々、昔からいるアンチな人達(と言うよりは鈴鹿絶対主義的な人達)は「この程度で何が変わる」って言いそうですが、私は比較的好意的に取ってました。

そして2008年10月12日、観戦当日。
まずは予選ですが、この日のスケジュールは11時からのフリー走行を見られるように、と考えて移動開始しました。

出発は5時。
いつもの富士スピードウェイなら、家から2時間半見積もればほぼOKなので、今回は5時に出発して7時半に駐車場に到着のスケジュール。
バスがどの程度の混雑かは分からなかったのですが、小山町からサーキットまでの所用は、公称で20~30分と言う感じらしいので、まぁ渋滞等考慮して3倍の1時間半は見積もりましょう、と言う事で、遅くともバスに乗ってサーキット入りが9時。サーキットのバス停からスタンドまで、距離があるのは分かっていたので、通常30分歩くと言う事で9時半。まぁなんだかんだで30分ロスしても10時には着けるでしょう、と。

そう言うスケジュールで行って見たところ、現実は以下の感じでした。

4時半起床。着替えて出発準備。が、ここで問題発生。車の鍵が見あたらない!!10分探して諦めてスペアの鍵で出動(汗)。セキュリティーは携帯電話からかけられるので、まぁ取り敢えずOK。

5時過ぎスタート(途中、近所のコンビニで朝飯と昼飯にするパンとか飲み物を買う。1人でサーキット行く時は殆どメシはコンビニ調達。その方が安いし並ばないで済むので。)

7時現地近くのコンビニ(予定より早すぎ)

7時過ぎ駐車場(予定より早すぎ)。天候は霧雨ぐらいでした?傘はささずにOKな感じだけど。気温はそんなに寒くない。

7時半バス停へ。待ち行列無しに肩すかし(笑)。バスに乗車すると数分後に発車。

7時50分にサーキットへ。えーと定刻より早いぐらい。スムーズすぎて肩すかしその2(笑)。

バスを降りて係の人に帰りのバス停を確認。
多分帰りのバスの待ち行列整理用と思われるパイロンも整然と並んでます。
その後プログラムを買って登山(笑)開始。

サーキットは山の斜面に作ってあるので、メインゲートからスタンドまでは結構上り坂。いつもは場内巡回バスとかあるんだけど、F1は歩行者の動線確保のためか、そう言うバスは無いみたい。
ここだけはちょっと大変かも(汗)まぁ行きだから体力あるし、いいかな。帰りは下りって事なので。

8時20分、Aコーナー(未だにこの呼び方なのは古い人(苦笑)。現在はコカコーラ・コーナーって名前らしい)裏手のスピードウェイプラザを軽く見物。

ちなみにスピードウェイプラザってのは常設ではなく、F1用に、駐車場エリアを使って用意したイベント・物販スペースの名前。
他にもBコーナー(ここも今はダンロップ・コーナーって名前らしいが、面倒なので私は常にBコーナー)方向に富士プラザ、Jプラザ、ヘアピン辺りにはヘアピンプラザがあるみたい。
今回は行ってないけど。
各プラザの中ではこのスピードウェイプラザと、Bコーナーのフジプラザが大きいエリアでイベントステージ等もある。

8時50分、さらに登山してグランドスタンド裏のF1ビレッジ(これも普通は単なるグランドスタンド裏のイベント・物販エリア。F1の時だけの呼び名みたい)に到着。

グラスタ裏だけに一番賑やか。各チームのブース等も充実。
そう言えば昨年は高過ぎるって話しだった食べ物ですが、見た感じ、概ね500~1000円。飲み物も200円台ぐらい。ビールは500円だけどまぁこう言う場所でなら許せる価格かな。
っていうか、鈴鹿のスプーンコーナー近くで食べた牛丼より絶対マシ。
600円だったけど、あれは味が酷かった(苦笑)。目の前でレトルトの封を切ってご飯に載せて渡された。おかげで乗っかってる肉とネギの塊が、レトルトの四角い形のままだし、味も薄いし・・・でもね。富士は旧富士スピードウェイ時代にあった「古志路のカツ丼」が無くなったのが一番痛い。旧富士スピードウェイ時代には普通盛り価格で大盛りにしてくれたのに(しかも600円で、ちゃんと目の前でカツ丼作ってるので、実際美味い)。古志路無くなってからはすっかりコンビニメシだなぁ。

10時半。指定席到着。

雨は相変わらず霧雨。時々少しシッカリ降るので、雨合羽着込む。眺めは素晴らしくいい。
ストレートはスタートシグナルのある辺りから全部見えるし、1コーナー~Aコーナー~100R、と富士のいいところが全部見られる。
これなら指定席として満足。

11時。フリー走行始まる。

雨自体はホントにフリー走行直前に止んでましたが路面は完全にウェット。
いい場所からの観戦なのでとても楽しめました。ただ、写真撮るにはちょっと困った問題も。一つは金網を避けて上の方の席を選んだのに、ちょうどコースと席の間に、仮設スタンドの手すりが入る・・・うーむ、正直手すり邪魔。
でも立って撮ると後ろの人に迷惑だから無理だし。それともう一つ。私の前の席の人がちょっと背が高い。そのためカメラを流して振ると、真正面が見えない(笑)。
肉眼だと問題ないんですけどね。カメラのレンズって肉眼より下にあるから(汗)。
なので、非常に流し撮りがしづらい事に。
おかげで今回歩留まり非常に悪いです(汗)。
動体追従のAFを使おうにも、人の頭が邪魔して追従してくれないから、ホンの一瞬の頭と頭の隙間狙いです(滝汗)。

12時。フリー走行終了。
次は14時からの予選。天気も良くなったのでちょっと蒸し暑いと言う事で雨合羽は脱ぎました(汗)。

着ぐるみ以外で蒸されても、ねぇ(笑)。

13時。コンビニメシを食べつつ、SNSなんかしてみる。
西の方では着ぐるみ撮影会もやってるようで、そちらの動向も見てみる。あちらも楽しそうです。
F1と被らなかったら、何か被りに(何)行きたかった所ですが、F1は私の中では最重要なイベントの一つですし、今回はごめんなさいでした。

14時前。少し居眠りしつつ10時ぐらいからずっと聞いてるPitFM(サーキット内ラジオ)で暇つぶししてたら、いよいよ予選スタート。

14時。予選開始。

ようやくドライ路面での本気のアタックが見られます(去年は予選~決勝通じて雨でしたので)。
やっぱこのドライバー達すげーな。フリー走行の時も思ったけど、この人達おかしい。
320km/hでストレートを走って来て、100mポストの所からブレーキングして1コーナーに侵入していくんだよね。
ちなみに1コーナーの侵入速度は100km/h以下。たった100mで、220km/hぐらい速度殺すんだもん。どんだけ急減速なんだよ、と。
ちなみに教習所で習う、100km/hの減速に必要な距離は100mですね。
まぁ実際はそんなにいらないんだけど、100から0と、320から100は単純に減速する量が倍ってだけではなく、全く意味が違う事は想像できますよね。
100km/hだと、1秒で進める距離はたかがしれてますが、320km/hだと1秒で、大雑把に言っても80メートルぐらいは進んじゃいますから、1秒ちょいの間に、100km/hまで減速するって事が何処までおかしな現象か想像つく気がします。
そんな本気の本気の予選アタックを見て、大満足。
1分17秒台ってタイムも凄いっす。さすが世界最高峰のレーシングカー。
もちろん音とかも素敵です。
ただ、最も良かった頃の3.5リッターのV12とかの音と比べると普通ですけどね。フェラーリのV12のエンジン音は、本当にミュージックでしたから(実際、鈴鹿で、始めて見てた友達がヘアピン立ち上がって森を抜けてスプーンに来るフェラーリだけは、あ、フェラーリ来たって分かってましたので)。
素人でも聞き分けられる唯一のエンジン音かも知れないと思えるぐらい、明らかに音質も音程も異なるソプラノでしたので。
それと比べるとホンダV12は割と普通に甲高いだけなんですよね。確かにいいエンジン音なんだけど、フェラーリ相手だと分が悪すぎた。あの音でフェラーリファンになった人も多い気がします(汗)

15時。セッション終了。

今回は、決勝日よりも人が少ない事を考えて、少しスピードウェイプラザで買い物とかして時間をかけて、バス停に行く事にしました。

こうする事で、バス待ちの人が増えて、明日の帰宅シミュレーションが出来ると思ったわけです。でもって移動開始。

15時20分。スピードウェイプラザで少し買い物。と言っても、まぁお菓子類少々と、お土産にハンドタオルを買ってみました。一応タオルはFIAオフィシャルの物なので、正規のF1グッズですね。

15時50分。バス停に着く。

ですが待ち行列ほぼ無し(汗)。もうちょっと待つ前提でニンテンドーDSとか持ってきたのに(汗)。写真では並んでるように見えますが、これ、止まってるバスに全員乗れました(汗)
バスにも座れたし、まぁいいか。
と言う感じで、移動開始。サーキットを出るのはスムーズで、途中、246との交差点で渋滞に捕まる。まぁここは246が優先なのでしょうから青信号の時間が短いのは仕方ない。20分ぐらい待ったみたいですがうたた寝してたら通過。出発から30分ぐらいで指定駐車場に帰着。

16時。トイレも済ませて帰還へ向けてマイカーで移動開始。多分246も東名も混んでいると予想して、足柄越えして来ました。
で大井松田について、東名と246見たら、割と流れてる。
あー裏道使わずに普通に帰った方が速かった。と東名に乗り直し、横浜町田~程バイ~と言う私の定番ルートで帰還。家には19時前に着いてました。一番混雑していたのは地元付近の幹線道路と言うのが笑えました(笑)。

19時。撮ってきた写真をPCに取り込みながら、夕食食べて風呂に入って、19時30分からのF1グランプリニュースを見て(間に合わないと思ってたので録画してたけど、間に合ってしまった)、予選のVTRを見てたら眠くなったので、22時には就寝。

と言う訳で、翌決勝日に続きます。

コメントを入力

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください